小児歯科

  1. ホーム
  2. 小児歯科

小児歯科

お子さまの正しい成長を妨げる原因を
いち早く発見し取り除くことが大切です

小児歯科は、子供たちの虫歯を治すことだけではありません。
子供たちの心や身体は、休むことなく常に成長しています。
虫歯や悪い噛み合わせ、乳歯から永久歯への生え変わりの異常など、正しい成長を妨げる様々な原因をいち早く発見して取り除き、正しい成長へと導くことが大切です。

先生と子供

小児歯科のポイント

  • Point1  歯科治療に対し、ご家族で正しい理解をお願いいたします。
  • Point2  歯科治療は怖いものではなく、大切なことだと理解するように、話してあげてください。
  • Point3  お子さまの前で、歯の治療に関する不快な体験談など話さないようにしてください。
  • Point4  必要な場合には局所麻酔を行い、痛みを取り除いて治療します。
  • Point5  治療が終わったら、「よく頑張ったね」とほめてあげてください。
母親と子供

虫歯予防

乳歯は生え代わるからと安心せず、
虫歯はしっかり治療しましょう

乳歯に虫歯ができると、痛みが気になって食事がきちんと取れなくなったり、乳歯の下にある永久歯にも影響を与え、永久歯の形や歯並びが悪くなることがあります。
乳歯に虫歯が多いと、永久歯も虫歯になりやすくなってしまいます。
乳歯は生え代わるからと安心せず、虫歯はしっかり治療しましょう。虫歯は基本的に自然に治らない病気です。

母親と子供

規則正しい生活

健康的な生活リズムをつくりましょう

虫歯菌は親から子に感染するという研究結果が発表され、心配されている方もいらっしゃると思います。
例えばスプーンなどから細菌が移ったとしても、すぐに虫歯になるわけではありません。虫歯菌が口の中に定着するには数日かかるので、口の中で細菌が増殖するような環境を作らないことが大切です。
周りにいる大人がきちんとむし歯を治療し、口の中を清潔に保つことは大切ですが、あまり神経質になる必要もありません。
歯みがきだけでなく、おやつなど甘い物の食べ方を工夫して、食事の時間を決めた健康的な生活リズムをつくりましょう。

家族写真

定期検診

定期的に歯の検診を受けましょう

家庭で全ての虫歯の原因を取り除くことは、簡単ではありません。
上手に歯磨きをしても、お父さんお母さんが仕上げ磨きをしていても、虫歯になることがあります。
しかし、初期段階の虫歯は、治療もほとんど痛みがなく、短期間で終了します。
3ヶ月に1度の定期検診を受診することで、虫歯検診だけではなく、歯並びや咬み合わせチェック、歯のクリーニングも行うことができます。

歯ブラシの写真
PAGE TOP